子供のスマホの使用に気を配るための親の心得

sp03w640

 

最近はインターネットが主流になっている中で、モバイルの機器で時間や場所を問わずにゲームや音楽を楽しめるようになりました。また、昔と異なって自宅にいなくても、モバイルの機器で文字を使用しながら多くの人に知り合えるような時代になっています。モバイルの機器を使用してインターネットでSNSサイトなどのサービスを利用する事で、友人や恋人が気軽に作れます。

近年において、親が子供にスマホを持たせる割合が急上昇していて、親といつでも連絡できる事で何かあったときの安否の確認などに役に立つツールとして便利です。利用者が気軽に子供が使う子供のスマホは、不必要な時を除いてあまり使わせないように気を配ることが親の心得としての基本です。

しかし、遊んでいる事で、むやみに子供のスマホを取り上げる事も結果的に子供にストレスを溜め込んでしまう結果になります。むやみに取り上げないで、何かあったときの為の緊急連絡先としてのツールとして子供にスマホを所持させる事は大切です。

子供のスマホに関して、勉学に支障を与えないようにある程度使用の制限などの掟を決めておく事が、親の心得として望ましいです。

子供のスマホは、学校の現場でも使っている学生が多いです。学生によっては授業の合間にスマホを使ってゲームを行ったり、友人や知人などとのメールやSNSのサイトなどでやり取りを行っている人も少なくないです。

親や先生の見えない所で使用してしまう事で、学業に影響をしたり、見知らぬ人と知り合ってトラブルの原因になる事も多いです。

最近では子供のスマホに関して、子供が使用する場合に学校側がアクセスの制限を加える場合も多くなっています。トラブルに巻き込まれるためにアクセスの制限を行う事は良いことですが、親が子供に対してきちんと子供のスマホの正しい使い方を教えてあげたり、むやみに怪しいSNSサイトにアクセスしないことを教育する事が最も重要な親の心得と言えます。