子供のスマホ使用を許可する時の親の心得について

今やスマホは現代人にとって欠かすことのできないアイテムの一つになっています。

子どもスマホに対する親の心得

以前は携帯電話があれば十分でしたが、スマホが登場してからは多くの人が携帯電話からスマホに乗り換えています。それだけ多くのメリットがあるからですが、例えばタッチパネルで簡単に操作ができることやアプリが充実していること、人とのコミュニケーションが取りやすいといったことが挙げられます。


スマホは大人だけでなく子供にとっても重要なコミュニケーションツールになっています。小学生や中学生の間でも流行っているので、子供からスマホをせがまれているという親御さんは少なくないでしょう。

ただ、子供が使用する場合は親が注意しなければならないことがいくつかあります。子供のスマホ使用を許可する前に親の心得を確認しておきましょう。


子供のスマホを選ぶ時はショップに行って説明を受けながら購入することになりますが、使用制限に関すること等不明な点があればスタッフに聞いて解消しておくことが大切です。実際に持たせてからトラブルがあっては遅いですから、未然に防ぐようにしましょう。

子供が18歳未満であればフィルタリングが条件になります。設定の仕方が分からない場合はショップの方で設定してもらいましょう。


子供のスマホで一番注意したいのが、ソーシャルネットワーキングサービスを使用した時のトラブルです。友達同士でのトラブルだけでなく様々な危険性があるため、親の心得としてはトラブルが起こった時の対処法も押さえておく必要があるでしょう。

何か起こってからでは対処が難しい面もあるので、予防するためにも自分の画像をむやみにアップしないということを教えておきましょう。
画像を使って悪用されるケースもありますし、個人情報が漏れてしまうケースも多数発生しています。

子供が被害者になるだけでなく加害者になってしまう場合もあるので、考えられるリスクは全て子供に伝えておくことも親の心得の一つと言えます。