正しい子供のスマホを利用する時の親の心得

sp04w640

子供のスマホを使用する時の親の心得として、子供のスマホを使用してはいけない所で使用しない事をきちんと教える事です。

例えば、飛行機に乗っている最中やスマホの使用が出来ない時の基本的なマナーなどを教えます。

近年において子供のスマホを持っている事が常識になっていて、学校の授業などではきちんと使用のマナーなどに関して教えてくれないです。子供の教育の過程において、人に迷惑を掛けないという教育を行ってきた中で、子供のスマホの使用に関するマナーなどの教育は行っていない場合が多いです。

子供にスマホを持たせる場合、正しい使い方を教えたり、人に迷惑を掛けないマナーなどの面も教える事は必要です。親の教育に関して、子供のスマホはインターネットに接続できる事が原則なので、試験中などで使わせないという事をも教える事は大切です。

最近は自転車に乗りながら子供のスマホを操作したり、歩きながらの操作で他の人に迷惑を掛ける人が多いです。自転車に乗りながら操作する事は危険な行為と見なされるので、使用できる時と場所を鑑みながら使用方法をきちんと教えてあげる事が親の心得です。

自転車に乗りながら操作をして、歩行者にぶつかってしまうと訴訟問題に発展したり、怪我の状況によっては損害賠償をしなければならない場合もあります。

 

最近は子供でも気軽にゲームをダウンロードできて、面白いなどの理由でゲーム関連のソフトなどを課金してしまう人が多くなっています。

子供のスマホは親の名義で加入していて、課金した金額が大きくなれば親の負担は大きくなります。必要以上にゲームを課金したり、有料のサイトを利用する事を制限してあげる事も親の心得です。

子供も勉学などである程度ストレスがたまっていて、ゲームや有料のサイトを利用する事は仕方がないとしても、親に迷惑を掛けないように最小限に課金をするなどで、依存症にさせないように使用の制限を教えてあげる事も正しい親の心得です。