子供のスマホを使用させる時の親の心得

sp06w640

昔と、現代を同じように考えると今の時代から取り残されることが出てきます。その一つの例としてあるのが、子供のスマホを使用することです。


最近は、ネットでのイジメやまたそのメールなどの返信が遅いだけで仲間はずれになることもでています。そして、子供のスマホでもネットに24時間繋がるということです。ネットからのゲーム依存やそのゲームでの課金なども社会問題になっています。


しかし、今の時代安全面のことを考えるとやはり子供のスマホは必要になってきます。そのために、親の心得が大切になってきます。


まず、子供のスマホを使用をする前に、親の心得をキチンときめておくことは大事です。
子供にルールを教えるのなら、まず親の心得として自分達親がそのルールを見本として見せることです。

ネットには、恐いという部分があることを知らせます。そして、個人を特定されないように情報や画像は載せないことを教えておきます。GPS機能がオンになった状態で撮影された画像ファイルには、位置情報が一緒に記録されてしまうのです。


一度、ネットにその画像が出るともう永久に消すことはできないと教えることは重要です。そして、匿名で発言しても、責任はあるということを忘れないようにすることも教えて行きます。


知らない相手のメールや、リクエストは無視することも必要なことです。

各携帯電話会社は、18歳未満の青少年が利用する場合は保護者が不要の申し出をしない限りフィルタリングの利用が条件になっています。しかし、無線LANを使用するときはこれが有効にならないことがあります。そのために、新たにそれ専用のフィルタリングソフトを利用することで安全に使用ができます。


また、年齢が低い場合は、子どもの設定をリモート管理することもできます。利用時間の制限、アクセス履歴の閲覧などの機能があります。そして、パスワードは親子で管理にするのが安心できます。


ただ、どんなルールを設定しても必ず親子で話し合いをしていくことは肝心です。一方的に、決めるとやはり子供からは信頼されていないと感じてしまいます。