子供のスマホと親の心得について

子どものスマホに対する親の心得

「スマートホンが欲しい」子供からこのようなことを言われてしまうと、親としては困ってしまいますよね。

子供のスマホについては、色々と問題が上がっています。インターネットに簡単に繋がってしまうため、怪しいサイトに足を踏み入れたり、変な知識を身に付けたり。学校の裏サイトにアクセスしてしまい、その誹謗中傷を見て自殺してしまった生徒のニュースなども、少し前には話題になりました。

心配事は尽きませんが、スマホは便利なコミュニケーションツール。
では、子供のスマホを管理するにあたって、親はどんな事を注意すればいいのでしょう。


親の心得その1としては、まず、フィルタリングをかけましょう。
18歳未満のお子さんがスマホを利用する場合、このフィルタリングをかける事が推奨されています。これには、スマホを購入時に携帯会社で行うものと、フィルタリングアプリをダウンロードするものがあります。

購入時に行うものは簡単ではありますが、Wi-Fiに対しては無効、などと色々と制限がかかります。そういった部分をカバーするためにも、一緒にアプリもダウンロードして2重のフィルタリングをかけておくと安心です。

親の心得その2としては、ネットマナーをしっかりと教えておきましょう。
誹謗中傷の被害に遭う事も心配ですが、それと同じ位ぐらいに加害者になる事も心配ですよね。匿名で記入できるからと言って、その発言が無くなる訳ではない事、発言には責任を持つ事を、事前に子供と話しておきましょう。

親の心得その3としては、ウイルス対策をしておきましょう。
親や子供が適切に使っていたとしても、ウイルスに感染することによって思いがけない被害に遭う事があります。ウイルス対策はフィルタリング同様、購入時に付けてもらえるものと、アプリでダウンロードする物があります。こちらも2重にかけておくと安心です。

子供のスマホに対して反対する意見もありますが、悪い事ばかりではありません。
親とのコミュニケーションだってさらに円滑になるでしょうし、色々な情報に触れ合う事で自分で考える力もつきます。

しっかりとした管理をして、安心して子供にスマホを渡してあげたいですね。